不整脈の原因と症状・治療法 > 心房細動の症状

心房細動の症状

心房細動とは、脈が乱れ、胸部に不快感があり、心房が小刻みに震えているような症状を起こすタイプの不整脈です。健康な人でも、生活のなかでのさまざまな誘因(喫煙、アルコール、コーヒーなどの飲みすぎ、心身の疲労、寝不足、など)で発作的に起こることがあります。

心房細動の症状には次のものがあります:
・心臓(心室)のリズムが不規則になります。
・脈の強さが、強くなったり弱くなったりして乱れます。
・脈が触れにくくなります。
・一般的に心拍数が増え、多いときには、1分間に200くらいにもなります。ただし、手首の脈はかえって減ったように思われます。
・心拍数が増えたことで、動悸を感じ、胸が苦しくなり、息苦しさ、胸痛などの症状を起こします。
・心房細動が頻脈のまま長く続く場合、心不全を起こす危険があります。この場合、呼吸困難やむくみが現れます。
*ただし、高齢者の場合、心拍数があまり増えないこともあり、自覚症状もなく、したがって苦痛を感じないこともあります。

心房細動の治療
原因となる病気がない場合(特発性の場合)は、心房細動をとめる治療をし、誘因となる生活上の注意点を守るようにすれば普通の生活を送ることは可能です。ただし、心房細動があると、心房のなかに血栓(血液のかたまり)ができやすくなります。血栓が血液といっしょに流れていって、脳の血管を詰まらせると、脳塞栓(のうそくせん)が起こる危険性があるので注意が必要です。